事故・・・そのあとに。

HOME

自動車をお持ちのあなた、事故車として処分しなければならない定義というものを御存知ですか。つまり、中古車買取業者へ売却出来るもの、廃車としてスクラップしなければならないもの、それらの判別をどうするかということです。

故障車の処分・買取はこちら

もちろん、売る側としてみれば少しでもいいからお金にして次の車を買う資金にしたいと考えることでしょう。
当然、処分するにも多額の手数料、処分料がいりますので。

極論から言うと、修理して車検を通すことが可能であれば処分する必要はありませんが、そうでなければ日本の道路を走行することが出来ません。
よって事故車を売却する際には思い入れが深い、ビンテージか否かなど基準はありますが、やはり再生できるかどうかの判別をしっかりすることです。
ただし車として再生できなくても、解体して部品としてならどのような車でも可能です。
部品であっても、人気のある車や希少なものは高値で取引されることもあります。
もしも事故車になるようなことがあったときに、柔軟に対処できるように、
買取業者についての知識をもっておきましょう。

また、一昔前と違って中古車販売の流通ルートが確立されてきたこと、技術向上で部品単位で効率的に取り出せるようになったこともあり、意外と事故車への買取が積極的になっています。

 

ペット  専用ホテル   病気   トリマー  ブリーダー