事故・・・そのあとに。

査定

不要な自動車を処分する為に買取業者に査定をしてもらう際、事故車であるということで大きく査定を下げられてしまうケースがあります。

一般的に、事故車とは文字通り事故を起こしてしまった車、あるいは過去に何らかの修復歴がある車を指すと考えられることが多いですが、正確には骨格であるシャーシなどの修復歴がある車が、買取業者において事故車扱いとなります。事故車の定義をしっておりましょう。
こういった車は当然ながら買取査定においてマイナスとなってしまいますが、実際にどの程度の減額となるかに関しては業者によってかなり幅があるのが現実です。

また、ドアのちょっとしたへこみの修復などは本来事故車扱いとはなりませんが、一部ではこういった修復であっても、大幅なマイナス査定に繋げてしまうような業者も存在します。

事故車の場合、車両の状態が一台毎に大きく異なり、通常の中古車買取と比較してどうしても相場が分かりにくいと言う一面がある為、適正価格を見極める為にも相見積もりを取ることが必須です。
業者によって査定は異なりますから、複数の業者に同時に依頼することも考えてみましょう。ちょっとの手間で、価格が大きく違ってくることを知らなければ非常にもったいない話です。

しっかりと知識を身に付け、損をしないように不要な自動車を処分しましょう。

また、普段から信用できる業者を探しておくのも重要です。

ペット  専用ホテル   病気   トリマー  ブリーダー