事故・・・そのあとに。

ペットをペット専用ホテルに預ける時の注意:食事やトイレなど

数日間家を空ける時には、ペットをどうするかというのは大きな問題です。
飼い主の都合からするとたとえどのような目的の外出であっても同伴させたいものですが、これでは周りの人に対して無神経であると言えるでしょう。

そのため一日の場合は工夫次第で家におくこともできますが、二日以上に渡るのであればペット専用ホテルに預けるべきです。

そのためには普段からホテルの情報を収集しておかなければなりません。
預けている間どのように管理されているかを知るには、やはり口コミ情報なども必要です。そうしてどこのホテルであれば安心して預けておけるか、という目算が立つようにしておくのです。

さてペットの中には異なる環境におかれただけでストレスを感じ、体調を崩す個体もいます。今時多頭管理でかみ傷を負うなどのトラブルは少ないでしょうか、外出を終えて家に帰ってきてからは暫く体調が優れないというのは良くあることです。
預け先でごはんを食べられなくてがりがりになって帰ってくるなどということも聞きます。

こうしたことを防ぐためには、普段食べているエサを食事回数分預けておくのも一計です。そしてトイレの習慣がどうなっているかも伝えます。
人間もそうですが、排泄というのは精神的な部分でとても左右されるものです。身体の小さいペットならなおのこと、負担がかかるものです。
さらに普段ケージに入れてあるタオル(汚れていても大丈夫)を一緒に渡すとペットも安心します。

大事なペットを預けるわけですから、どのような環境であるのかというのはきちんと確認してから預けましょう。

ペット  専用ホテル   病気   トリマー  ブリーダー