事故・・・そのあとに。

申告

事故車は雨漏りが発生するケースがあります。
きっちり組み合わさっていたボディに隙間が生じてしまったのでしょうが、車の雨漏りで難しいのは、どこから水が侵入してくるのか、その個所を特定することです。これは家の場合でも同じですね。

多くの場合は、不乾性シーラーを注入することで治りますが、その個所を特定するまでに時間や費用が掛かってしまう場合が多いようです。
このような雨の水がどこからともなく侵入してくるような事故車に長く乗っていると、気持ちも暗くなりますよね。身体にもよくありません。そのような場合は、もう諦めてその事故車を処分し、新しい車に買い替えるのも手です。

処分する際には、現状を正直に申告するのがルールですが、黙って売却する人も少なくないようです。しかし、こういった場合、プロである業者にはすぐにわかってしまうものですが、すり抜けて販売までいってしまう可能性もあります。

そんな車をうっかり購入してしまうこともあるかもしれません。
中古車を購入する際には、事故歴の有無の確認は重要ですね。

整備手帳がなかく、事故歴や修復歴の確認ができない中古車は避けた方が無難かもしれません。

リスクはできるかぎり少なくするのが中古車購入の場合には重要です。

 

ペット  専用ホテル   病気   トリマー  ブリーダー