京都でのれんをオーダーする

HOME

京都のれんの別注オーダーをする際には
いくつかの提出しないといけない情報があります。


これらを京都のれんに必要に応じて提出することで
希望の仕上がりとなります。


まず最初の注文依頼時点で用意しておいて欲しいのが、寸法、枚数です。

何枚必要か


また、入れて欲しいロゴやマークのデータがあれば、これも提供しましょう。
ただ、枚数はともかく、寸法が分からないという事もあり得ます。

 


その場合は設置場所の写真を送れば、ここから逆算して
寸法を求めてくれるというのも可能なので、
写真とその場所の寸法を用意しておきましょう。

のれんの寸法


次にどのようなイメージのものを作りたいのか、という点です。
ここについては素材や制作手法について希望があればそれを指定します。


出来るだけ具体的なイメージを伝えるようにすると、
後のデザインの工程がスムーズに進みます。


もうひとつ大事なのが防炎加工の要不要です。
この加工は事業所などでは消防法にも関わって来るので
必ず確認しておきましょう。


デザインが決まっていない場合にはデザインごと
発注することになりますが、予め指定のデザインが
あるのであれば、デザインデータを入稿することも可能です。


この場合にはデザインの工程がなくなる分、手間も簡略化されます。


ロゴや文字の位置などで雰囲気も変わってきますから、
デザインの相談は一番重要です。


またデザインによっては、最適な素材や制作手法が異なる場合も
あり得ますから、もしこの点について不案内であれば
素材や手法選定も依頼することを明確にしておきましょう。

 

消防法で防炎対象物品になっているのはどんなもの?知っておきたい防炎の知識

防炎とは文字通り燃えてしまうのを防ぐための処理で、主に薄くて面積の広いものに防炎規制が敷かれています。
特に繊維質のものが初期火災を大きく広げるため、その予防として定められています。一般家庭ではなく主に業務用として使用される場合の規制ですが、意識してみれば至るところにあることがわかるでしょう。

例えば工事現場を囲っているシートもその対象で、作業現場を隠したり物が外に飛び出てしまうのを防ぐだけでなく、万が一の時には炎も遮る働きがあります。
小さなもので言えば試着室や病院でしようされるカーテンも、燃えにくい素材で出来ています。また布状のものばかりではなく、合板も時には規制され、お店の看板や展示会の仕切りなどが対象になります。

内容に集中してしまいがちな劇場等の舞台でも、暗幕や大道具として使用されている合板はしっかりと規制に基づいたものが選ばれているはずです。
その中でのれんは、基本的には防炎対象物品に含まれますが、設置する場所によっては対象外になることもあります。
消防署に問い合わせて問題なしと判断されれば、場所の移動などが制限される可能性があるため、予算などを圧迫しないのであれば、防炎加工が施されたものを選択した方が良いでしょう。