京都でのれんをオーダーする

使用したい生地

暖簾は一般的には玄関などの場所に用いられるアイテムであり、
それは家や店舗の顔としても機能します。

装飾に拘れば、飾りの様に惹き立て役のような存在で用いられることも多いです。
一方では日除けや間切り・仕切りとしても重要な役割を担うこともあるため、
それが知らず知らずに存在感を与える可能性もあります。

お店の存在感

その使われるシーンによってデザインや生地の種類などを
選択することが重要になります。

まず暖簾の生地の種類には幾つかあり、定番で選択されることが
多いのが綿で、他に麻やポリエステルなどの素材が見られます。

どれを選択するかについては、用途に分ける必要がありますが、
一般的に昔ながらの質感を大事にしたい場合には綿を選択することが多いです。

これらを選択すると本染めにも対応することができ、高級感を感じることが
できる仕上がりになります。

本染めのメリットには機械で染めるのと違って、職人が手で一つ一つ染め上げる
形になるため、独特の質感を感じることができる点です。

職人の技術

伝統の技法に拘る形で染め上げられることも多く、100%天然繊維で作られる点で
暖簾としての味わいを感じることができます。

また本染めにはお客さんのオーダーメイドとなるため、オリジナルデザインの
作成にも対応することが可能です。

店舗で利用される場合には、その暖簾自体がシンボルとなり
お店の雰囲気を作り上げるとして重要な役割を担います。

見た目の鮮やかさを追求したり高級感を得たい場合には、
麻の本染めに拘った方が良いのは言うまでもありません。