京都でのれんをオーダーする

のれんの寿命

昔の街並みを美しく残した街並み、日本古来の良さや
味わいを感じることが出来る地域として日本はもとより
海外からの観光客も多い京都では、お店ののれんが
美しく並んでいる風景を見ることが出来ます。


京都ではそんなのれんをオーダーして独自のデザインを施して
お店の顔として店先で活躍しています。


お客さんが多く立ち寄るような、そしてそのお店に
魅力を感じるような役目を持ち、雨の日も風の日も
頑張ってくれる大切な存在であります。

季節を感じる


また、それをを出すことで営業しているという印にもなるものです。


絵が入っているデザインは親近感やカジュアル感を出したり
家紋入りのものは伝統を感じさせる、文字を大きく表示してあるデザインは
一目でお店の内容がわかるなど、そのお店の特徴が
一目で感じられるのはそのデザインが大きく左右します。


それがオーダーの魅力です。
そしてその寿命は、雨や風の影響、お客さんが立ち寄る回数、
洗濯の回数などそのお店ごとの環境に多く左右されます。


またその素材にもよります。少し傷んだものがより味わいを
感じさせるお店もありますし、常に美しく清潔感を伴って
店先にかけるのをモットーにしているお店などそれぞれの考え方にもよります。

環境からの影響


また季節によって色やデザインを代えて使用するお店もあります。
そうしたことを踏まえて、寿命としては1年から5年という期間で
交換するお店が多いです。


オーダーすることでより愛着がわき、大切な仲間として
大切に扱うお店が多いものです。