京都でのれんをオーダーする

お手入れ方法

京都でオーダーしたのれんは、正しいお手入れ方法を
行うことで、長持ちさせることができるでしょう。


京都でオーダーするのれんは、手染めで仕上げているので
通常の衣類のように選択をしてしまうと、風合いが損なわれたり
色落ちしてしまう可能性もあります。


そのためお手入れ方法には十分な注意が必要です。
正しいお手入れ方法として、まずは下準備を行います。

長く持たせる


大きめのたらいなどを用意して、中性洗剤を
ぬるま湯に溶かしましょう。


次にのれんをお湯の中につけます。
お湯の中で軽く動かすだけでよいでしょう。


長時間お湯の中につけ込んでしまうと組、
色がにじみ出る可能性もあるので
十分な注意が必要です。


もしも汚れのひどい箇所がある場合には、ブラシなどで
軽くこするようにしましょう。

常に綺麗に


強くこすってしまうと、色が薄くなる可能性もあるので、
やさしくこするようにしましょう。


もしもシミがある場合には、洗濯をする前に、中性洗剤をつけた
布や歯ブラシなどを使って、外から中心にたたいていきます。


そのあとにこれらの洗濯を行いましょう。


最後にすすぎです。
たらいの中のお湯を取り換えて、最後は水ですすぐようにしましょう。


汚れがひどい場合には、これらの作業を2度、3度と繰り返し行います。
すすぎが終わったら乾燥させます。


軽く脱水して、棒などに通して陰干しをしましょう。
生地をつまんでしわをのばします。


しわが気になるようであれば、最後にアイロンがけを行います。
熱に弱い性質を持っているので、150度以下の低温度設定で
あて布をしてアイロンをかけます。